【呪怨】友達の家の庭にあった小さな神社、その扉を開いた奴の態度が急変して…|夏のホラー、冬のホラー

試験勉強に行き詰ったから、気分転換に後日書こうと思ってた話をするよ。

俺、都内大学4年(暇人)。
A、同じクラスの男(野球部)。
B、同じクラスの男(サークル)。

先日、大学の友人であるAの自宅に俺とBは遊びに行ったわけだ。

Aの自宅は大学からほど近く、その地元ではかな?り有名な一族の家。
どれだけ有名かと言うと、普通にAと同じ表札がいっぱい&その町の議長さんも一族。
十五宗家(曖昧)とかあるらしく、Aはその宗家の一つの長男だそうだ。

他の数多いAの名前の人達は、Aいわく「分家だよ?」ということだった。
とりあえず、ずっと都内に在住しているけど、こんな町があるんか!と正直驚いてた。

期待した通りに、Aの実家は結構大きかった。
でも、公共事業の道路拡張か何かがあった影響で「元いた屋敷から立ち退いたんだよね?」と言っていた。
爺ちゃん達との二世帯住宅とは言え、立ち退いて都内200坪オーバーはおかしいだろ・・・。

まぁ、家のことはどうでもいいや。

少しだけ気になったのは、その庭に少し古めかしいミニ神社みたいなのがあったんだ。
語彙がなくて的確な表現じゃないかもしれないけど、小さな鳥居+神社みたいな。

俺「なにあれ?」

A「・・・・・・まぁ、あれだよ。神様っぽいの」

あんまり聞いてはいけないものだったのかな、という反応だった。
いつもニコニコして「何とかだよ?」って気さくに語尾のばした喋り方なんだ、Aってやつは。

B「うひゃ、すっげ!」

A「・・・・・・まぁ、早く飯食おう」

とりあえず空気を読んで、俺もBもさっさとA宅に入って行った。
洒落怖好きなので「あとでデジカメで撮ってやるかなぁ」と思っていた俺は馬鹿だと思う。

夕飯は豪華だった。
Aの母親(以下A母)は料理がうまい!酒もうまかった!
妹(以下A妹)もかわいかった(笑)。
それもあってかBは酒に弱いのに随分と飲んでいた。
Aがいなければ、間違いなく口説き始めていたんじゃなかろうかw

って、まぁ、試験対策の話とか、法学部だから今年の研究をどうするか、とか話して夜は過ぎたわけだ。

Bは大学から2時間かかる実家在住なので深夜にならずに俺もBも帰宅することに。
俺はほろ酔い。
Bは泥酔とまではいかないけど、一人で帰宅させるには心配な状態だった。
とりあえず、玄関を出て正面門まで行った時。

俺「そいじゃ、また来週の月曜にね」

A「テスト中に解答見せてねw」

とか普通に喋っていたら、Bが「ほっほ?」とか言いながら走り出した。
でだ、例の変なミニ神社っぽいところに行ったわけだ。
俺とAは何となく眺めていただけだった。

B「・・・・・・ドアなんか、ついてるんだ」

酔いどれBが手を伸ばした瞬間だった。

A「ごるぁっ!!!!!!!」

さすがは野球部と言わんばかりの大声を出して走り出した。
さすがにBもビクッとした様子だったけど、その後にそのまま尻餅をついて動かなくなった。

俺は正直、Aの声にびびって尻餅ついたんだと思ってた。
でも、すぐさまBのとこに駆け寄ったAの様子がちょっとおかしかった。
Bの方を叩いてBの名前を連呼していた。

尻餅をついたままの格好でBには反応がない。

俺「・・・・・・何をふざけてるんだよ」

B「ぎぎぎぎぎぎっ!」

歯軋りをたて始めた。
Aは相変らずBの名前を連呼している。

俺「おいおい、何をやってんだよ?」

A「お母さんよ!やっばいぞ、ちょっと来てくれ!」

大声で叫び始めた。

時刻は23時くらいだからまで近所も起きているとは思うが、ちょっと迷惑だろう。

俺「・・・おい?」

A「ふざけてんな馬鹿、早く呼んでこい!!」

すっげぇでかい声だった。
Aの声にビビッてると、俺が呼ぶまでもなくAの一家が駆け出してくる。

A母「どうした!?」

A「わけわかんねぇ、こいつ」

A母「・・・・・・しっかり見てなかったのか、アホ!!」

A「こいつが急にやりやがったんだ!」

A母「すぐにお父さんに電話!あとはD寺にも!」

A妹「わかった。何て言えばいいの?」

A母「○様って言えばわかる!」

すぐさまミニ神社の扉みたいなものを閉めるA母。

A爺「・・・・・・宗家の連中にも一応、声かけておくか」とだけ言い残してA婆と一緒に自宅へ。

B「あう?あう?あう?」とよくわかんない声を出しているB、それを抱きかかえながら名前を連呼して背中を叩くA。

さすがに酔いが冷めてきて気味悪いし、ものすごく怖くなってきてしまった。
すぐさま携帯を取り出した。

俺「・・・・・・け、警察ですか!?」

A「警察なんていらねぇんだよ、黙ってろ馬鹿!!」

今までの俺の知っていたAではなかった。

しばらくすると、A父が帰宅。
同じようなタイミングでD寺から住職さんが到着。(以下D住職これも遠い血縁者らしい)

一階の仏間に引きずられれていたBは、白目を剥いて魚のように口をパクパクさせながら、相変らずに「あう?」とかわけわからない声しか出さない。

A爺、A婆、A母、A父、A、D住職がBを取り囲んでいる。
俺はと言うとA妹と少し離れた場所に正座で座っていた。

Bがどうなっているのか、それも怖かったけど、線香が漂う中でAの一家が妙に不気味に感じて仕方がなかった。

洒落怖とか見てて、調子に乗っていた自分がものすごく嫌になった。
目の前で友達一人奇声を上げただけで本気でビビッてるくらいだからね。

A父「どうですかね?」

D住職「・・・・・・まぁ、大丈夫だと思いますよ。当番はどこでしたっけ?」

A父「うちの当番は、○年前です。今は『○屋』さんですね」

何やら聞きなれない屋号の名前が出てきた。
Aにあとで聞いた限りでは、宗家はそれぞれの「屋号」があり、それでお互いを呼び合っているらしい。

しばらくはBの様子を伺っていた。

D住職「なるほど」

A爺「何年ぶりくらいですかね、こういうの」

D住職「この子も運が悪かったね」

何か、淡々と事が進んでいく。

プルルルルルルル!

突然に電話が鳴った。
これにビックリした。
思わず悲鳴を上げて飛び上がったのでA妹に失笑された。
A婆が電話を出るためにその場から去った。

相変らずBは「あう?」状態だ。
そんなBの背後にD住職は移動した。
そして背中に耳を当てて目を閉じる。

D住職「そろそろ、お帰りなさい」

B「あう?」

D住職「そろそろ、お帰りなさい」

B「あう?」

何度かそんなことを繰り返していた。

A婆「神社から、大丈夫かって電話がきましたよ」

D住職「あぁ、今回は大丈夫そうだと、伝えてください」

A婆「わかりました」

そしてD住職はまた同じ作業に戻った。

D住職「そろそろ、お帰りなさい」

B「あう?」

何というか、子供をあやしているようでじれったい。

お坊さんならお経でも読んで一発で除霊でもすればいいものを!とか俺は考えていた。

D住職「そろそろ、お帰りなさい」

B「・・・・・・ヤダ」

その声は明らかにBの声じゃなかった。
全身に鳥肌がたつ。
これにはさすがにAの一家も驚いたようだ。

動揺が走ったがD住職は落ち着いていた。

D住職「そろそろ、お帰りなさい」

B「・・・・・・ヤダ」

D住職「お酒を用意します。これを飲んでお帰りなさい」

B「あう?」

そうしてからD住職はA爺に用意してもらっていた日本酒をBの口元に運ぶ。
半開きのBの口にそれを流し込むと、バン!と大きく背中を叩いた。

D住職「さぁ、お帰りなさい」

B「・・・・・・」

そのまま静かになるB、それを見てD住職も「まぁ、大丈夫でしょう」と。
ようやくA一家にも安堵の表情が浮かんだ。

その後、俺もBもA家に泊まることになり、A一族の○屋さんがふろしき包みを持ってA家に来たり、夜中だというのに何度も電話が鳴ったり、色々と慌しかったけど、無事に次の日を迎えた。

土曜日の朝、Bは何食わぬ顔で目を覚ました。

俺「大丈夫?」

B「ちょ?気持ちよく寝ちまった」

俺「・・・・・・あ、そう」

少しばかりBにムカついた。
でも、何事もなさそうで良かった。

なにせ「・・・・・・ヤダ」って声には驚いた。
あれがいわゆる壊れたレコーダーの音みたいなやつだね。
話としては以上。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+