【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】【#心霊】霊に話しかけてはいけない

【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】【#心霊】霊に話しかけてはいけない

一応実体験です。

家は両親が霊感があって子供の僕には霊感がない。
そんな家庭でした。
僕が中学校の時、修学旅行から帰ってきた僕に母が唐突に「あんたの部屋、なんかいるけど」。
と言ってきました。
何でも、僕の留守中に男の霊が部屋に入ってきたそうで、ドアや窓の開閉音を家族全員聞いたそうです。
普段なら、怯えあがって、部屋にも入れなくなるところですが、その時は修学旅行の帰りということで気分的にハイになっていて、「これから、よろしくお願いします」。
なんて、霊にあいさつしてしまいました。

そしてその日から、母の行ったとおり、僕の部屋は怪奇ワールドと化しました。
何かの気配を感じるなんてあたりまえで、窓を(内側から)叩かれる、部屋にいないのに、足音が聞こえる、CDラジカセ(死語)の電源が勝手に付く等の霊現象が起こりました。
僕は怖くて、怖くて母に相談しました。
母は「あんたね、霊に話しかけたでしょ。ああいうのは相手にしたらなかなか離れないよ」と言いました。
僕、唖然。
その夜はただ震えながら、何も見えない天井にひたすら謝りました。
その時は、馬鹿で気づかなかったんですけど、謝るってことも相手にするってことですよね。
逆効果でした。

あれから早一年、見えない同居人は、いまだに自分をアピールし続けています。
もうさほど怖くはないのですが、見えたり、聞こえたりするのは勘弁してくれと声には出さず、心の中で願っております。