【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】【#心霊】生命線がない手

【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】【#心霊】生命線がない手

うちの従兄弟の話。
従兄弟は、下が箪笥(たんす)になってるタイプの二段ベッドに寝転んでいた。
ん~~~!と気持ちよく伸びをしたところで、ベッドからはみ出した手を、下から何者かにガッと掴まれた。
(ベッドの頭側は壁との間に30cmほどあいており、物は何も置いていなかったらしい)
見ると白っぽい女みたいな手だった。
腕は長く伸びていて、本体は見えなかったらしい。
その女の手がぐいぐいベッドの下に引きずり込もうとするので、引っ張られまいとベッドに足を突っ張って、必死に抵抗する従兄弟。
だが手の引っ張る力は強く、頭がベッドの柵にぶつかった状態のままで、必死の攻防戦が続く。

自分の頭上の白い手を見ていた従兄弟は、抵抗しながら、「やめろ!」とか、「痛えよ!」とか、叫んでいたそうなのだが、やがてこんなことを口走った。

「オマエ生命線無え!!」

その途端、なぜか硬直した白い手。
引っ張りも止まり、固まり付いたまま動かない。
従兄弟が手を抜こうとすると、白い手は急にあたふたしだして、従兄弟の手を放すと、すっと下に引っ込んだ。
ベッドの下を確認するも、手の痕跡なんてどこにもなかった。

しばらくしてから従兄弟の家に遊びに行くと、ベッドと壁の隙間は物でしっかり塞がれていた。

【転載元】

拾い物