【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】【#心霊】トランクから手

【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】【#心霊】トランクから手

先ほど体験した話。
当方霊感ゼロ、今までに心霊関係は見たり体験したことはなし。
(UFOは一度見たことあり)

俺は東京在住でバイクに乗ってるので、土曜の夜は時々第三京浜を走り保土ヶ谷パーキングで一服しながら色んなバイクを眺めて帰ってくるのが好き。
今日も天気が良かったので深夜に出かけて戻ってきた。
(地方の人は地名や道路名がピンと来なくてすみません)
自宅へ戻る帰り道でのこと。
自分の前には紺色のセダンが走っていたが、環八から目黒通りへ入って暫く走り、信号待ちで止まった。
何気なく顔を上げて前を見るとトランクから何かはみ出して揺れてる。
葉っぱが付いた小枝か?と思って目を凝らすと、色白の手首から先が出ていた。
ん?えっ?手っ!?と若干パニック気味になりつつも、目が離せない。

手はふわりとした感じの動きで、おいでおいでをするように手招きする動きをしていた。
目の前2~3m先に普通では見ることがない光景があり、いやいやいや、手挟まれて痛いっしょ、っつーか、ホントに手?
俺を呼んでるんじゃないよね!?と混乱した。
もしやドラマなんかで見る、そのスジの人が見られてはマズいお客をトランクに乗せてるのか、誰かが拉致られてるのか、こりゃ警察へ通報するべきだよなと焦りつつ色んなことが頭をよぎったけど、よく見るとブレーキランプの明かりが透けて見えてる。

あぁ・・・そういうことか・・・ホントにあるんだな、こういうことって。
信号が青に変わり、俺は普段より加速を抑えて走り出し車線変更。
紺のセダンはそのまま加速し、手首と共に走り去って行ったよ。

【転載元】

拾い物