【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】【#心霊】双眼鏡

【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】【#心霊】双眼鏡

ある日友人と二人でドライブをしていた時の出来事。

その日は二人共暇を持て余し気味で、
特にあてもなくブラブラとしていた。
夕日はすでに沈みかけ、そろそろ寒さのキツイ季節であることも手伝い、
もう今日は帰るかと夕闇の中、家路の途についていた。
途中で友人が、この道のほうが早いと海に面する道路に出た。
俗に言う、湾岸道路ってやつだ。
辺りはすっかり暗くなっていて、もうしわけ程度にでた月が
夜の暗い海を薄っすらと照らしていた。
俺はそんな薄暗い海をぼんやりと眺めていた。

その時、ん?となにか白いものが、
ぼんやりと海の上に浮かんでいるのに気づいた。
ただここから見てかなり遠い位置にあるので、
それが何なのかは全く見当もつかない。
なにかゆらゆら動いてるような、
だがそれも車の中にいてるせいなのか、よくわからない。

俺は疲れてるせいもあってか、別段そのことを友人に報告するわけでもなく、
やはりただボーッと、その白いゆらゆらを見ているだけだった。

ふと、俺はドアのしたのポケットに、小
さな双眼鏡が入っているのに気づいた。
こんなものあったっけなぁー?

と思いつつ、何やらこれを使わなければならないという使命が、
俺の体を躊躇なく動かせた。
俺は双眼鏡を手に取ると、少し不気味に思いながらも、
ヒョイっと双眼鏡を覗いた
「うわっ!」

俺は慌てて双眼鏡を元のポケットに放りなげた。
一瞬しか見ていないのではっきりとはわからないが、
何か白い顔のようなものが、目の前に映ったのだ。
・・・ただ表情とかはわからないが、顔は真正面のようだった。

俺は怖くなり、もう海の方は見ず、前を向いてぶるぶると震えていた。
運転している友人に、このことを言おうか迷ったが、
せめて家に着いてから言おうと黙っていた。
友人も疲れているのか、こっちに見向きもせずに、
ただ黙々と前をむいたまま運転に専念していた。
意味解らん。
俺も友人もおし黙ったままで、すぐに湾岸道路も抜け、
そうこうしているうちに、友人の家に着いた。

俺は初めて、ここであれっと思った。
いつもなら俺の家の前まで送ってくれるのに。

「おい、今日は送ってくれないのか?」

俺は友人に聞いてみた。
久々の言葉だ。

だが友人は何も言わず、チョイチョイと降りろと言うみたいな
ジェスチャーをして、俺を無理やり引っ張っていった。

友人は俺の腕を掴んだまま、ずんずんと歩いていく。
そして家の玄関を開けると、俺を無理やり引き入れ、素早くドアの鍵を閉めた。

「そこで待ってろ」

友人はそう言うと、なにやら奥から塩を持ってきて、
俺におもむろにぶっかけてきた。

「うわっ、なにするんだよ」

友人はそう言う俺を無視して、自分の頭にも塩をかけている。

「ちょっと来い」

友人はまたもや俺の腕を掴んで、部屋に引き入れると、俺を無理やり座らせた。
そして一言

「あのレンズのついていない双眼鏡で、一体何を見た?」

【転載元】

拾い物