【#心霊体験】あやまるから・・・もうやめてくれよ【#恐怖体験】【#怖い話】

【#心霊体験】あやまるから・・・もうやめてくれよ【#恐怖体験】【#怖い話】

私は小学校を卒業して、私立の中学校に行くようになった。

私立といっても、金を払いさえすれば、いつもテストで赤点を取っていた私でも入れるような私立だった。
私の周りの親戚は皆頭が良くて、皆私立や名門学校に通っていた。
しかし私たち兄弟といったら皆絵に描いたような馬鹿で、親は親戚の集まりの時いつも嫌味を言われていた。
それに母がうんざりしたらしく、「お前、中学は私立に行きなさいよ」といわれた。
お金は出すから、と言われたが、もちろん私は嫌だった。
仲の良い友達と同じ中学校に行きたかったのに・・・。
うちはそれほど金持ちというわけでもないのに、なぜ無理して金を出してまで私立に言って見栄をはらなくちゃならないのか。

しかし反対は押し切れず、私はそのまま私立に入れられた。
周りはもちろん知らない奴しかいなくて、教師も皆感じ悪かった。
よく見て見れば、私以外の生徒もほとんど馬鹿そうな、金出して入った奴ばかりだった。
ガラの悪そうなのも何人かいて、私は本当にこんな学校来たくなかったと思った。
入学式の時、私のとなりに男子がいた。
しかし私はそれに気づかずに、その男子の足を踏んでしまった。
「いてぇっ!」と大げさに男子は声を出したんで、私は慌てて「ごめん」とあやまった。
しかし、私は元々声が小さいので、その男子には聞こえなかったらしく「足踏んどいてあやまりもしねぇのかよ、ブス!」と言われた。

それからというもの、目を付けられてしまったらしく、毎日毎日、私に嫌味を言ってくるようになった。
「お前キモいよ」と私のところにわざわざ来て指差して言ったり、私の机の上に置いてある物を床に落として踏んづけたり、最初は我慢していたが次第に我慢できなくなり、私は放課後誰もいなくなった時そいつの教科書を破いたり、上履きのヒモをぶち切ったり、陰湿な事をするようになっていた。

そしてある日、また、散々その男子にこびられた日にそいつの机を蹴り飛ばして倒した時のことだった。
引き出しから、その男子の写真が出てきた。カメラ目線で満面の笑みでピース。
私にはその姿が憎らしくて仕方無かった。しかし次の瞬間思いつく。
「呪いに、この写真を使ってやろう」そう思った。
前に一度、「あいつに呪いをかけてやろう」と思った事があった。
しかしパソコンで呪いの事について調べて見ると、「呪うのに必要なのはその呪いたい人間の体の一部か、その人間だけが映っている写真」と書いてあった。
体の一部は入手不可能だった。

あいつは私が近づいただけで「キモい」だの「死ね」だの言ってくるんだから。
写真だって、入手する機会がない。
呪い作戦は私の中で完璧にあきらめていたことだった。
でもこの写真があればできる・・・。
私は喜んでその写真を持ち帰って、調べた通りに呪いを実行した。
別に本当にあいつに呪いが掛けられるわけでなくても、行えるだけで私の気分はすっきりしていた。
そして呪いをかけても何にも起こらず、一週間ほどたった。

ある日、私が早めに登校するとあいつがいた。教室にはあいつ以外来ていなかった。
教室に入るなり目が合ってしまったので、私は心の中で「死ね」と思った。
すると私がそらすより先にあいつが目をそらした。
なぜだか、その日は嘘みたいに、そいつに悪口を一つも言われなかった。

そして次の日、あいつは学校に来てなかった。
しかしクラスがあいつの話をしている。
「アイツ万引きしたんでしょ?親が泣いて店長に土下座したんだってw」そういう会話が耳に入った。

さらに次の日、そいつは普通に学校に登校してきた。
しかし教室に入ってきた途端、私の隣の席の男子が「泥棒が来たぞ、皆自分の物隠せ!盗まれるぞ!」と大声で言い、皆も笑いながら「隠せー」だのなんだの言って自分の荷物を手に取った。

それからというものそいつは散々クラスでいじめられるようになった。
机に死ねだのキモスだの赤いマジックで描いたり、上履きに砂とか画鋲入れたり、授業中皆でよってたかって消しゴム投げつけたりと、典型的ないじめがそいつに起こった。それを見ていて、今まで私は
「いじめはよくない、いじめにあっている子がいたら助けたい」
という考えを持っていたのだが、私はそれを見て「面白い、もっとやれ、もっとやれ!」と思っていた。呪いが効いたんだ、ざまぁみろ!あははははは・・・
それから何日も経ったが、そいつへのいじめは相変わらず続いていた。
一転して、今までまるで相手にされてなかった私には友達がたくさん出来ていた。

そんな時、わたしは例の男子に放課後呼び出された。
「何だよ」よびだしたそいつに、私はキツくいう。
「あやまるから・・・もうやめてくれよ」
ボソッとつぶやいた。
「はぁ?」
意味が分からず、そう聞き返した。
「俺が嫌味言ったりしたのはあやまるから、もうやめてくれ!」
そいつは泣きそうになってそう言った。
「何言ってんの、大体私が何したってんだよ」
私はこいつがいじめられている様子を楽しそうに傍観していただけで、実際には加担はしていない。
「お前だろ!?お前があの夜出てきてから、いじめられるようになった!」
そいつが言うに、夜寝ている時、金縛りにあったらしい。
恐る恐る目を開けると、私がのしかかっていて、二カッと不気味に笑っていたらしい。
生霊?

呪いが効いたのでは無く、自分の生霊がこの事態を引き起こしたんだ。
それまで楽しんでいた私だったが、それを聞かされた途、自分で自分が怖くなった。
いじめは段々エスカレートしていった。
私は次第にそれを見て、前は楽しんでいたのに、今は怖くて見られなくなってしまった。
ついに事件が起きた。そいつが自殺した。
修学旅行で、川に突き飛ばされたので、我慢の限界が来たと遺書につづっていた。
どうしよう、そう思う、修学旅行の集合写真に写ったあいつの姿が、この世にいる最期の姿となった。
すると・・・
「おおい!心霊写真だぜこれ!」男子が騒ぎ出した。
「どれどれ!?」
「あの泥棒の肩のところ!」
私は急いでその写真を見た。
確かに、自殺したあいつの肩に、爪をたてた手がしがみついていた。
「この幽霊に、地獄に引きずりこまれちゃったんじゃね!?」
「やだ!怖い~!」

ごめん。その幽霊、私かもしれない。

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

【転載元】

拾い物

【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】【#心霊】霊に話しかけてはいけない

【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】【#心霊】霊に話しかけてはいけない

一応実体験です。

家は両親が霊感があって子供の僕には霊感がない。
そんな家庭でした。
僕が中学校の時、修学旅行から帰ってきた僕に母が唐突に「あんたの部屋、なんかいるけど」。
と言ってきました。
何でも、僕の留守中に男の霊が部屋に入ってきたそうで、ドアや窓の開閉音を家族全員聞いたそうです。
普段なら、怯えあがって、部屋にも入れなくなるところですが、その時は修学旅行の帰りということで気分的にハイになっていて、「これから、よろしくお願いします」。
なんて、霊にあいさつしてしまいました。

そしてその日から、母の行ったとおり、僕の部屋は怪奇ワールドと化しました。
何かの気配を感じるなんてあたりまえで、窓を(内側から)叩かれる、部屋にいないのに、足音が聞こえる、CDラジカセ(死語)の電源が勝手に付く等の霊現象が起こりました。
僕は怖くて、怖くて母に相談しました。
母は「あんたね、霊に話しかけたでしょ。ああいうのは相手にしたらなかなか離れないよ」と言いました。
僕、唖然。
その夜はただ震えながら、何も見えない天井にひたすら謝りました。
その時は、馬鹿で気づかなかったんですけど、謝るってことも相手にするってことですよね。
逆効果でした。

あれから早一年、見えない同居人は、いまだに自分をアピールし続けています。
もうさほど怖くはないのですが、見えたり、聞こえたりするのは勘弁してくれと声には出さず、心の中で願っております。

【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】【#心霊】生霊になってしまった話

【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】【#心霊】生霊になってしまった話

10年付き合って同棲していた彼が浮気をして、女の所から帰って来なくなった時の話です。

自宅に戻っていないのは明白なのに、彼は、「夜勤で働いていてお前(私)が家を出た後に帰って寝て、帰ってくる前に家を出ているんだ」と言い張っていました。
当時は帰宅していないのは分かっていましたが、浮気かどうかは確信がなかったので、単に私に飽きて別れたいだけなのか、他に好きな人が出来たのか、随分と悩みました。
夜は殆ど眠れず、食欲も、何かをする気力も無くなって、会社に行く以外は横になって天井を眺めるだけの日々を、2ヶ月も過ごしました。
そんな状態でも仕事だけはしていたのは、彼の嘘を決定的にするのが怖かったからです。
本当に彼が言うように、私が居ない間に帰ってきているのかもしれない、思い過ごしなのかもしれないと。
それと同時に、嫌いなら嫌いになった、好きな人が出来たならそれでも良いから、ハッキリして欲しいと願うようになりました。
気持ちは徐々に変化して、私がこんなにも苦しんでいるのに彼は楽しく遊んでいる。
悔しい。
憎い。
そんな事を考えるようになりました。

不思議と女の存在がハッキリと感じられ、彼女の顔までは分からないけれど髪型や体型、彼と二人でシングルの布団で寄り添って寝ている姿までも、頭に浮かぶようになったのです。

続きを読む